NEWS

・アボット奥谷HPはコチラ
CINRA.NETさんにてiPhoneケースの販売がスタートしました。
・アボット奥谷の通販サイト「まんねんSHOP」オープンです。
・2011年12月15日発行のボーダレスカルチャーコミックマガジン 「コミックテープ」にマンガが掲載されています。タイトルは「アナボコくん」
「MACH 」で配信中のバクバクドキンのジャケットイラストを描いてます

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

categories

archives

selected entries

recent comment

「大阪の展示」の話2

0

     
     
    関西におすまいの心優しい天使のみなさま、
    あと、その他の地上の方々、お久しぶりです。
    または、初めまして、アボット奥谷です。
     
     
    さて、今回のブログは、主に関西にお住まいの方々に向けて、
    書いております。
     
     
    なぜならば、めんどいからと、告知をせずに時の流れに身を任せるテレサ・テン状態で日々を過ごしていたら、
    結局、誰にも知られることなく、開催一週間前になってしまった、
    絶賛大不人気のアボット奥谷神保賢志蒼室寛幸の三人展、「ブック・ファースト・ラブ」
    これがほんとにまったく誰からも知られておらず、このままでは関西まで行って、
    自分の不人気を目の当たりにするというような地獄絵図になる可能性が高く、
    twitterとかfacebookとかで、「展示やってるって知らなかったので、行けませんでしたToT」
    「アボット、人気ねーオワコンwww」「展示会場で2時間いるけど、その間、私以外に誰も来てないよ。笑」
    「本人見たら意外とエグザイルみたいだったわ」
    等々の悲しい書き込みをエゴサーチするのも辛いので、
    残酷な結果を回避すべく、関西にお住まいの心優しい天使のみなさまに土下座でブログを書いている次第です。
     
     
    このブログを読んでる8割の人は知らないでしょうよ。
    だって告知してないもの。
     
     
     
    ということで、ちゃんとした告知は、
    FOLK old book storeさんのブログにてご確認いただくとして、
    ぼくからは展示の見所をいくつか紹介します!!
     
     
     
    5/20のオープニングパンティー
     
     今回の展示の最大のキモ。いきなりクライマックス。
     というのも、今回展示に参加する作家が3人揃うのはほぼこの日だけで、
     加えて、仲良し作家(ぼくは会ったことないけど…。)のちえちひろさんとの合同パーティーのため、
     まぁ、そりゃもういろいろ催しが用意されているのです。(ぼくは具体的にしらないけど…。)
      
     事前予約制(キャンセル可)・入場無料(1DRINKオーダー)なので、
     迷っている方はとりあえずご予約くださーい♪
     会社や学校帰りにフラッと寄っていただけると嬉しいです。

     
     詳しくはこちらのページでご確認ください!
     


     
     
    3人で1冊の本
     
     そもそもこの三人で展示をやるきっかけになったのは、
     2年前くらいに、蒼室くんが声掛けして作った「コミックテープ」というミニコミ誌。
     いろんな方々が参加している中、ぼくと神保くんもメンバーに入っていて、
     なんとなくテイストも近いし、3人ともモテメン・イケメンを敵視しているという強い絆もあり、
     「なんか一緒にやりたいね」と話していたことがいよいよカタチになるのが、
     今回の展示であり、この展示に向けて新たに3人で作成した本なわけです。
     ぼくは新作マンガを描きました。2人のも読むのが楽しみ。あんまり数を作っていないみたいなので、
     展示にお越しの際に、ぜひお手にとっていただけるといいなーと思ってます。
     

     
     
     
    アボット全部入り
     
     実は、ぼくにとって、今回が関西方面で開催する初めての展示なので、
     初めて原画を見ていただく方もとても多いと思い、
     人気のある過去作から、現在の作品まで全部入り状態で展示を行うことにしました。
     加えて、グッズもほぼ余すことなく持っていくので、
     会場に来ていただければ、ぼくの作品やグッズはだいたい網羅いだけると思います。
      
     最近出したiPhoneケースだけは手元に在庫がないので、
     気になる方はCINRASTOREさんのページからお買い求めいただけると助かります。(ステマ)
     
     
     
     
    以上、ぼくからはこんな感じです。
     
     
     
     
    30を過ぎて自分の不人気に直面して、大阪の片隅で泣きたくない!
    関西におすまいの心優しい天使のみなさま、
    もはや、中部とか中国・四国におすまいの大天使のみなさまも、
    5/20のオープニングにてお会いできるのを楽しみにしてまんねん!
     

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック